• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







環境省では今般の東京都における広域処理のスタートを契機とし
今後広域処理を加速し広域を汚染させる事を進める為の調査を実施。
ばれると地域住民の反対を受けるので本調査の結果については
個別の地方公共団体名は公表しない という事が
各都道府県に通達されました。

10/21日が各県の放射性瓦礫受け入れ是非の回答期限となっている書面が
手元に届いているはずです。

国民の生命・健康を著しく傷害させる案件に対し,
このやり方は断じて許されることではありません。

違法下の愚行決して許されるべき事ではありません!

鹿児島県・各市町村は「汚染瓦礫受け入れ拒否」を願います。

既に大分県と宮崎県を始めとする県は各市と共に
汚染瓦礫を始めとする放射性汚染物の
受け入れ拒否を表明しています。

鹿児島県が放射性物質により汚染されている
汚染瓦礫等々を受け入れてしまったら
福島第一原発事故が再現化され
鹿児島県内は勿論,
九州を始め西日本全域が汚染されると同時に,
逃げ場も無く食べ物も土地も空気も海も
全て汚染被曝され壊滅させられます。

鹿児島県川内市の
産業廃棄物管理型最終処分場は,
東日本の放射性物質・汚染瓦礫を始めとする
汚染物が搬入されるのではとも危惧している状態です。

鹿児島県が放射性物質により汚染された
汚染瓦礫を始めとする核廃棄物を受け入れ
燃やしたり埋め立てたらりしたら,
風向きにより九州は全滅,場合によったら
関西方面まで汚染されてしまいます。

鹿児島県が放射性物質により汚染された
汚染瓦礫を始めとする核廃棄物の受け入れを許したら
鹿児島県は再度福島第一原事故を再現する事になるのです。

今も尚,福島第一原発から
毎時1-2億ベクレルの高濃度放射性物質が
日本国内を始め世界に対して放出され続け,
無理やりに被曝させられ続けている状況です。

これ以上の被曝をさせられぬよう
鹿児島県・各市は強い姿勢で
県民市町村民の生命・健康を死守して下さい!

「瓦礫の汚染度は低いので大丈夫です」と言われても,
たとえば1キログラムあたり4000ベクレルなどであれば,
この数値は焼却前であり,
焼却によって体積が10分の1になりますから,
濃度は10倍になり4万ベクレルとなります。

4万ベクレルは放射性セシウムの場合,
法律で除去しなければならないレベルですから,
元々汚染されていない場所に「汚染物質を持ち込む」という結果になり
法律としても違法行為になります。

1キログラム4000ベクレルというのは「濃度」ですが,
その瓦礫を1万トン受け入れますと400億ベクレルになり,
受け入れるところの住民の数が1万人とすると,
一人あたり400万ベクレルを背負うことになります。
これは大変な量です。

また,「1年1ミリシーベルト以下の被曝にしかならない」
という説明もあるようですが,被曝は足し算で,
食材の暫定基準値だけでも1年5ミリですから,水,
普通の空間(例えば山形の場合は
0.125マイクロ×8760=約1ミリシーベルト)などを
足しますと子供たちが1年10ミリに近い被曝を受ける事になる。

忘れてならない事は,「被曝は足し算」である。

1)瓦礫,水,食材,空間,土煙などからの被曝をすべてを足す,
2)風で流れてきた汚染,食材が運び込まれた汚染,
自動車のタイヤについてきた汚染,瓦礫を運び込んだ汚染・・・などを足す,
の2つの足し算

環境省は排ガス処理装置としてバグフィルター及び
排ガス吸着能力を有している施設では焼却可能であるとして
核廃棄物である瓦礫や汚泥を拡散し
日本国自体を核廃棄物処理場にさせようとしているが,
原子力保安院はバグフィルターでは一部は集塵できても
残りは放出される可能性が高いとしている。  

バグフィルター等の除去装置は
焼却の過程で産み出される有害物や吐き出される
有害物を除去する為の装置に過ぎず,
放射性物質に限らず有害物を除去分解する為の装置ではない。

ストロンチウムは沸点が1300度と少し高いが
放射性セシウムは641度。その多くが気化する。

放射性物質は焼却したからといって
無くなるわけではない。

焼却すればガスや微細な粒子に形を変えて
清掃工場の煙突から放出される。

受け入れてしまった鹿児島県市町村が福島第一原発化し,
日本全国・諸外国に対し放射性物質を放出する。

高濃度放射性物質で汚染されている瓦礫・廃棄物・汚泥・
家畜を鹿児島県内に受け入れることは
決して許されないことだ!!


高濃度放射性物質で汚染されている野菜・牛・馬・豚・鳥・魚,ペット,
瓦礫・水・木・花・泥,工業用品,などありとあらゆるもの,
全てのものは鹿児島県に絶対入れ込んではならない!!

高濃度放射性物質で汚染され続けている東日本・及び他県のものは
その地域で閉じ込めるべきであり,
放射能に汚染されているものを汚染されていない県に持ってこられれば
汚染されていなかった県も高濃度放射性物質で被曝していく。

高濃度放射性物質で汚染されたものが鹿児島県に入ってきたら,
例えば瓦礫の場合であれば,
高濃度放射性物質により汚染している瓦礫が
汚染地域から汚染地域以外に移動されると,
移動の為に使用した車・列車は勿論の事,
移動中放射性物質を拡散し続けながら目的地に到着する。

移動された放射性汚染物は,
既にそのもの自体が放射能化しているので
そこにあるだけで放射能をまき散らかし
人々を外部被曝・内部被曝させ,またその土地も汚染する。

焼却炉で放射性物質に汚染された汚染瓦礫などを入れ燃やすと
そこに放射性物質が溜まり,それがまた地面,土壌を汚染すると同時に,
   (既に関東圏が立証している事である)
燃えている間に多大に漏れた
更に濃度が濃くなった放射性物質が空に拡散され
人々は確実に被曝させられる。

空気は勿論の事,土壌汚染,水汚染,
食物も汚染(葉物・根菜類等々)され続け, 
葉物も汚染され→それを被曝していなかった
鹿児島県の家畜も(牛や羊が)食べる。

食べたことにより高濃度放射性物質による内部被曝をする。
そうすると放射性物質が今度は牛・羊の肉や牛・羊のお乳の中にでる。
その高濃度放射性物質に汚染されている乳を人間が飲んだり,
被曝した家畜の肉を万が一食べたら,
食べた人間達も高濃度放射性物質による内部被曝をするのである。

食物連鎖をしていくのである。
しかも高濃度放射性物質による被曝の連鎖をし続けながら。

経路汚染,経口的になるから
高濃度放射性物質で汚染されているものを
内部被曝せぬように
身体に取り込まないようにしなければならないのである!!

内部被曝・外部被曝はしてはならない!!

高濃度に汚染されているものを鹿児島県に入れてしまうと
鹿児島県の畜産農家・農家・工業・産業も市民・県民・
隣県の人々全て死ぬことになる!! (じわじわ型殺人である)

今日本は日本国全体が高濃度放射性物質に汚染され続けており,
国民はこれ以上内部被曝をさせられないようにと,
「被曝していない汚染されていない食べ物は
ここ九州のものしかない!!」と,
取り寄せてまで食べている!!

この放射性物質で毎日苦しめられている日々を過ごしている中
全国の国民が食べ物を始めとする様々なものについて,
「日本の中ではもうここしか頼れる所はない!!」と藁をもすがる思いで
この地域・鹿児島県の様々なものを求めているのである!!!

放射性物質に汚染されているものは
放射線量がゼロで無い限り他地域には絶対持ち出してはならないのだ!

東北関東を応援する正しい方法は,
高濃度放射性物質で汚染されている様々なものを受け入れることではない!!

鹿児島県の放射性物質で汚染されていない牛肉・豚肉・とりにく・
工業製品・花々・・・様々なものを鹿児島県民・九州管区各県民に
食べさせるたり出荷する事は勿論の事だが,
東北関東のお店にも出荷し,
国民全員が内部被曝をしないように,提供することである!!

鹿児島県・九州に高濃度放射性物質で汚染されているものを
受け入れてはならない!!

絶対に東北関東の汚染物を鹿児島県に入れないと
県知事・市長共々宣言して下さい!!

飼料なども放射性物質で汚染されている地域のものは
絶対使用しないで下さい。
そんなものを食べさせたら大いに内部被曝し汚染物となる。

日本国国民を始めとする,日本国国内に居住している者について,
鹿児島県を始めとする九州は,最後の食の砦でもあります。

鹿児島県・九州管内県が東日本東北を始めとする汚染地域の
瓦礫を始めとする汚染物=核廃棄物を受け入れてしまったら,
日本国民の食べ物を始めとするありとあらゆるものが壊滅させられます。

どうか,どうか,放射性瓦礫汚泥を始めとする
放射性汚染物の受け入れを断固として拒否して下さい。

・ 【わずかな量の体内放射性セシウムであっても,
心臓,肝臓,腎臓をはじめとする
生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる】 のです。
バンダジェフスキー博士は
大学病院で死亡した患者を解剖し心臓,腎臓,
肝臓等に蓄積した放射性セシウム137の量と
臓器の細胞組織の変化との環境を調べ,
体内の放射性セシウム137による被曝は
低線量でも危険との結論に達した。

日本の法律,特に労働法は国際基準にならい
一般人の放射線被曝を年間1msv以下にする事を求めている。
(外部被曝値+内部被曝値=空間+環境+呼吸+食べ物+水等々を
  全て合算し(1日分として),
  その値に1年間365日を掛けた合計値である)
一般人の放射線被曝を年間1msv以下にする事,
この数値は現行法の基本体系である。

政府・各自治体は当然それを守る義務があり,
そうでなければ憲法の規定に違反をします。

年間1msvをはるかに超える現在の暫定規制値,
これは概ね年間5msvを基準としていると言われているが,
これは明らかに危険状態だということになる。

最優先に国民・県民・市民の安全と健康を守る事を
政府・自治体の大原則として掲げるべき。
1年間に1msv以下は言うまでもないが,国際的な基準であります。

・クリアランスの実施においては
放射性廃棄物と放射性廃棄物として扱う必要のない物を
安全に区分することが大前提であり
経済性が安全性に優先するものではない。
クリアランス制度に基づき,
放射性物質として扱う必要の区分をする放射能レベルを,
「クリアランスレベル」といいます。
クリアランスレベルは,様々な事例を想定した計算結果から
金属やコンクリートが,どのように再利用されても,
また廃棄物として埋め立てられたとしても,
それらに起因する放射線からの人体への影響は
無視できるレベルとして,
それに起因する身体への影響が
1年間あたり0.01ミリシーベルト以下としています。
また,この値は国際的に認められています。

環境省を始めとする国・関係各省のやっていることは,
日本全域の人々の生命・健康を著しく傷害し,
日本国全域を世界の核廃棄物処理場にさせ,
日本国そのものを壊滅させようとするテロにしか見えません。
汚染瓦礫についても汚染食品についても,
ストロンチウムやプルトニウムを始めとする
猛毒性を持つ様々な放射性物質・核種を検査せず,
放射性セシウムとヨウ素しか検査しようとはしない事も
重大な問題であります。

どうか,鹿児島県・鹿児島県各市は放射性汚染物の受け入れを拒否して
私達市町村県民を始めとする国民の生命・健康を守って下さい。

  どうぞ宜しくお願い致します。

         名前


追記:下記に法律を含め
    放射性物質に関する様々なデータや
    参考になるものを記載しておきました。

 
    生物学・生物物理学的にも,
    放射性物質に安全な閾値などありません。

    是非鹿児島県知事・各市市長の方々を始め,
    全ての職員様で読んで参考にして下さい。

    市町県民・国民の生命・健康守れずして,
    県市町村・国家の繁栄・復旧無し!

    お互いこれ以上被曝させられぬよう
    踏ん張って生きていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ 放射線を発散させて
人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律
(平成十九年五月十一日法律第三十八号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19HO038.html
第三条  放射性物質をみだりに取り扱うこと
若しくは原子核分裂等装置をみだりに操作することにより,
又はその他不当な方法で,
核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を引き起こし,
又は放射線を発散させて,
人の生命,身体又は財産に危険を生じさせた者は,
無期又は二年以上の懲役に処する。

・ 原子炉等規制法で
「放射性物質として扱う必要がない」とされる基準は
1kg当たり100bq

・ 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO166.html
・ 原子炉等規制法では10μsv/年
(目安としてセシウム134と137の合計で100bq/kg 程度)を
放射性物質として扱う必要性の基準として定めている。

それ以上に汚染されているものは全て核廃棄物である!

汚泥も瓦礫も法律に従い厳格な管理をしなければならない!

核廃棄物を鹿児島県内にて受け入れてはならない!
受け入れ断固反対!!

・ 原子炉等規制法では,放射性セシウム合計100bq/kgの
この基準を超える廃棄物は,放射線障害を防止するため
ドラム缶封入・コンクリートピットへの埋設など
厳格な管理が義務づけられている。

チェルノブイリ原発事故時の区分
 (第1区分居住禁止区域 直ちに強制避難、立ち入り禁止) 148万Bq/㎡~  
 (第2区分)特別放射線管理区域 義務的移住区域,農地利用禁止 55万5千Bq/㎡~  
 (第3区分)高汚染区域 移住の権利が認められる 18万5千Bq/㎡~   
 (第4区分)汚染区域 不必要な被ばくを防止するために設けられる区域 3万7千Bq/㎡~

・ 電離放射線障害防止規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html
電離放射線障害防止規則 (放射性物質がこぼれたとき等の措置) 第二十八条  
事業者は,粉状又は液状の放射性物質がこぼれる等により汚染が生じた時は,
直ちに,その汚染が拡がらない措置を講じ,かつ,
汚染のおそれがある区域を標識によつて明示したうえ,
別表第三に掲げる限度(その汚染が放射性物質取扱作業室以外の場所で
生じたときは,別表第三に掲げる限度の十分の一)以下になるまで
その汚染を除去しなければならない。
アルファ線を放出する放射性同位元素 4bq/平方cmの1/10
アルファ線を放出しない放射性同位元素 40bq/平方cm の1/10

・電離放射線障害防止規則
(放射性物質がこぼれたとき等の措置) 第二十八条
に示されている通り,
東京電力は40000bq/㎡以上になる地域に社員を派遣し,
直ちに除染作業を行わなくてはならない。
東電よ!!法律を守れ! 

国・環境省・関係各省が行っている事は既に違法である!

・ 電離放射線障害防止規則
電離放射線障害防止規則 (貯蔵施設) 第三十三条  
事業者は,放射性物質又は別表第三に掲げる限度の
十分の一を超えて汚染されていると認められる物
(以下「汚染物」という。)を貯蔵する時は,
外部と区画された構造であり,かつ,扉,
ふた等外部に通ずる部分に,かぎその他の閉鎖のための設備
又は器具を設けた貯蔵施設において行わなければならない。

・ 電離放射線障害防止規則 別表第三 
表面汚染に関する限度  区分 限度  
(Bq/cm2)  アルファ線を放出する放射性同位元素 4
アルファ線を放出しない放射性同位元素 40
 10000平方cm→1平方m
α線 4の1/10=0.4bq/平方cm → 4,000bq/平方m
α線以外 40の1/10=4bq/平方cm → 4万bq/平方m

・ 航空機モニタリングの測定結果について
文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び
地表面へのセシウム134,137の沈着量の合計 2011/10/12
http://blog-imgs-38.fc2.com/m/i/m/mimichanlife/20111016055816289s.jpg
航空機モニタリングは,各市民団体め住民が測った値よりも
過小された値なのであくまで参考程度に留めて置くべき。
しかし,過小された地図であっても
   (茶色と薄茶色部分の地域から既に
   高濃度放射性ヨウ素とセシウム,
   ストロンチウムが検出されているが)
茶色と薄茶色以外の色の場所に住んでいる場合,
一刻も早い移住か,除染が必要です。
基準を超えたものは放射性廃棄物として移動や処分を
厳格に管理され,資格の無いものが移動することや
特別に決められた処分施設以外での廃棄は許されていない。

・ 1平方m当たり4万ベクレルを超えるような所は
放射線管理区域の外にあってはならない。
そこは管理区域に指定しなければならない。
人が住んではいけない。我慢値は1年間1msv。日本の法律である。
法律を守れ!国が法律を破り続けているとは何事だ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ セシウムの「環境的半減期」は,180〜320年と算定
http://t.co/Q0QFJwu
セシウム137の半減期は約30年だが,
チェルノブイリ付近の土壌に含まれるセシウムの「環境的半減期」は,
180〜320年と算定されている。 

・放射性セシウムあるところにストロンチウム有り !
青酸カリの1000倍以上の毒性を持つ放射性セシウム137。
放射性セシウムが検出された所ではストロンチウムが見つかるとされている。
現に汚染地域ではセシウム以外にストロンチウムも検出されている。
放射性セシウムはカリウムと同じで筋肉細胞全体に行き渡り,
ストロンチウムはセシウムと同じように代謝されて骨の細胞に取り込まれる。

・ 人類が遭遇した最高の毒物プルトニウム,
Pu-239 の場合年摂取限度の値0.000052mg(0.052μg)。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/Pu-risk.pdf

・ セシウム137の経口致死量は人間で0.1mg(計算上),
犬を使った動物実験では0,4mgという値が報告されています。
私達が知っている毒物の中で猛毒とされている青酸カリでも
致死量は200mg(人体,経口)ですから,
500倍から2000倍,つまりおおよそ1000倍も強い毒性を持ちます。
http://takedanet.com/2011/10/post_76b1.html

・放射性物質を含んだ食物を人間が摂取した結果,
長寿命の放射性核種(ストロンチウム90,セシウム137の様な)が
体内に蓄積する恐れがある。
ストロンチウムは,同族元素であるマグネシウムや
カルシウムに性質が似ている為骨や代謝系に,
セシウムは同族元素であるナトリウムやカリウムに性質が似ている為,
体液や筋肉にそれぞれ浸透し,
そこから放たれる放射線によりダメージを受ける。
http://t.co/Q0QFJwu

・ 内部被曝は恐ろしいほど危険です。
核種によりますが,内部被曝は,
同じ線量の外部被曝に比べ,300-1000倍も危険だと考えています。
たとえばストロンチウム90は,1mSvの内部被曝をすると,
その影響は300mSvの外部被曝に相当します。
http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/busby.html

・ 放射性核種が体内に取り込まれると,
その核種が崩壊して消滅するか体外に排泄されない限り,
内部汚染は継続します。
したがって,体内に長期間にわたって残留する放射性核種は,
一般的に内部被ばくも大きくなります。
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/2_2_5.html

・・ 出典 : 矢ケ﨑克馬先生のご著書 「隠された被曝」
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ca49b2f.58f5305b.0ca49b30.2f2156a0/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f6590164%2f%3fscid%3daf_ich_link_txt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13775557%2f
Sc137と同様にほぼ30年の半減期を持つストロンチウム(Sr)90は,
生成確立もSc137とほぼ同程度です。
体内にSc137が確認されるならば,骨に親和性があり定着している
Sr90も必ず存在するはずです。
Sr90はイットリウム(Y)90放射並行
(Sr90とY90の毎秒の放射線発射数が等しくなる)になっていますので,
体内ではSr90とY90合わせて
Sr90の2倍の放射線を放出することとなります。
しかし,これはベータ線ですので,
体外の測定装置に放射線は届かず検出は不可能なのです。
<中略>
体内のSc137の量は生物学的半減期約100日に従って減衰し,
ホールボディーカウンター測定の時点では,完全に減衰しきって
測定には掛かりません。
このことを米原子力委員会の「科学者」や
ABCCの「科学者」は充分認識して,
逆に“被曝がない事”の立証に悪用しようとしました。
核戦略上の必要に応じて「科学の倫理違反」を承知して行ったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ 文部科学省によるプルトニウム,
ストロンチウムの核種分析の結果について 2011-9-30
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/distribution_map_around_FukushimaNPP/0002/5600_0930.pdf
実は6月に実施されていた極めてやる気のない調査=
プルトニウム(α線核種)・ストロンチウム(β線核種)の調査は
これ迄にたった100ヶ所しただけ。
しかも,「検出限界」を下回る濃度の地点は
全て「不検出」とされているずさんさ。
検出下限値がゆる過ぎる!!これでは全く話にならない!
国民の生命・健康・現状を軽視し過ぎである。

・プルトニウムの内部被ばくは非常に危険。
プルトニウムはあまりに毒性が強く,
例え僅かな量を呼吸で吸い込んでしまっても
体内に長い間(何十年も)残り,臓器や組織に放射能を出し,
ガンのリスクを高める。

・プルトニウムは毒性が高いメタルであり,
腎臓へのダメージも考えられる。
プロトニウム239は半減期が2万4000年で
ウラン235よりも短いが,その分,
時間当たりウランの3万倍分の放射線量を出すのではるかに猛毒。
体内にプルトニウムが入ったら,
半永久的に肺の中で放射線を出し続けて,
その人が亡くなった後も周囲に放射線を出し続ける。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・BEIR-VⅡ報告(2005年)  

利用できる生物学的, 生物物理学的なデータを
総合的に検討した結果, 委員会は以下の結論に達した。
被曝のリスクは,
低線量にいたるまで直線的に存在し続け,
しきい値はない。 
これが現在の学問の到達点である
http://blog-imgs-31-origin.fc2.com/m/i/m/mimichanslife/20111002092515512.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ 人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響 ― 
チェルノブイリの教訓? セシウム137による内臓の病変と対策 ―』 
元ゴメリ医大学長バンダジェフスキー博士
http://george743.blog39.fc2.com/?m&no=711

バンダジェフスキー博士は大学病院で死亡した患者を解剖し
心臓,腎臓,肝臓等に蓄積した放射性セシウム137の量と
臓器の細胞組織の変化との環境を調べ,
体内の放射性セシウム137による被曝は
低線量でも危険との結論に達した。

放射性セシウム137の体内における慢性被曝により
細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ体内器官
(心臓,肝臓,腎臓)の不調の原因になる。

大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け
代謝機能不全を引き起こす。

平均40-60Bq/kg の放射性セシウムは
心筋の微細な構造変化をもたらすことができ
全細胞の10-40%が代謝不全となり,規則的収縮ができなくなる。

日本政府が弄った暫定という名の付く異常値は
傷害・殺人値である。

900-1000Bq/kg の放射性セシウム蓄積は
40%以上の動物の死を招いた。

腎臓は排出に関与していて,
ゴメリ州の大人の死者の腎臓の放射性セシウム濃度は
192.8 ±25.2Bq/kg,子供の死者では645±134.9Bq/kg だった。

ゴメリ州で,急死の場合に肝臓を検査したところ,
放射性セシウム137の平均濃度は28.2Bq/kg で,
このうち四割に脂肪過多の肝臓病か肝硬変の症状があったという。

免疫系の損傷により,汚染地ではウィルス性肝炎が増大し,
肝臓の機能不全と肝臓ガンの原因となっている。

放射性セシウムは免疫の低下をもたらし,
結核,ウィルス性肝炎,急性呼吸器病等の
感染病の増加につながっている。

免疫系の障害が体内放射能に起因する事は
中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。

放射性セシウムの影響による体の病理変化は,
合併症状を示し長寿命体内放射能症候群といわれるSLIR は,
欠陥,内分泌,免疫,生殖,消化,排尿,胆汁の
系における組織的機能変化で明らかになっている。

合併症状を示すSLIR を引き起こす放射性セシウムの量は,
年齢,性別,系の機能の状態に依存するが,
体内放射能レベルが50Bq/kg 以上の子供は
器官や系にかなりの病理変化を持っていた。
(心筋における代謝不調は20Bq/kg で記録された。)

汚染地帯,非汚染地帯の双方で,
わずかな量の体内放射性セシウムであっても,
心臓,肝臓,腎臓をはじめとする生命維持に
必要な器官への毒性効果が見られる。

汚染地域の除染は不可能。人々を移住させる事が重要である。

汚染地域のありとあらゆる汚染物=核廃棄物は
汚染地域へ閉じ込めろ!! 
拡散され続ければ,日本は国民の生命・健康を失うと同時に,
全て壊滅させられる 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ バンダジェフスキー研究に基づくと,
仕方が無いとされる限界値は心疾患に対して5Bq/kgを超えない為に
毎日摂り続けても1日の摂取量は体重 70kg男性で「1.6Bq」となり,
10Bq/kgを超えないためには「3.2Bq」となるようです。
セシウムを摂取し続けると考える場合,
極めて微量でないとセシウムによる心臓への影響を
防げられないと考えられます。
http://www.unity-design.info/staff/blog/?p=9509

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚染地域に行って入市してはならぬ。内部被曝の治療法はない。
http://onodekita.sblo.jp/article/46361502.html
(65年にわたって被ばく医療を実践し,
原爆認定集団訴訟の中心的役割を担って国と戦ってきた
肥田舜太郎医師に緊急インタビュー)2011年06月26日

汚染地域に行って入市してはならぬ。内部被曝の治療法はない。
放射性降下物による内部被ばくには治療法はまだありません。
一番マークしなければならない症状は
「非常にだるい」「仕事ができない」「家事ができない」という,
原爆症の中で一番つらかった『ぶらぶら病』。
被曝後の最初の症状の1つ=下痢。
白血病はまだでない(福島第一原発による放射性物質による)。
3年以降で,白血病はピークが5年,がんが7年だった。
これは必ずピークは出る。
チェルノブイリの時ソ連も被害を隠し続けて,
医師にも研究させなかった。
しかし最近は,学問的にすごく進歩し,
原形質のミトコンドリアの生涯よる
遺伝子以外の放射線障害も分かってきた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~

・ チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響
原子力促進機構IAEA自体が隠蔽している事実 
http://www.universalsubtitles.org/en/videos/zzyKyq4iiV3r/

・ 原発事故 恐ろしい内部被曝(晩発性障害)
http://www.youtube.com/watch?v=XzK4yAmuZ9M&NR=1
放射能の影響は脳にまで及んでいることがわかった。
被爆者の体の中で何が起きているのか
世界中の科学者たちが詳しい調査や分析を続けてきました。
その結果,新しい事実が次々と明らかになってきました。

チェルノブイリ事故による放射能汚染実態は
10年という時を経て
私たちの想像をはるかにこえる姿を見せはじめたのです。
・・
脳の萎縮がみられるなぜなのか,
ラットによる実験によって,放射能の影響により
脳の神経細胞が破壊されることがわかった。

破壊された神経細胞は元にもどることはありません。

体の中に入った放射能の量が多いほど脳の破壊がすすみ,
やがて脳の機能が失われていきます。

脳のもっとも外側が破壊されると知的な作業ができなくなったり,
記憶力が低下します

特に影響を受けやすいのは,視床下部,脳幹。
ここを破壊されると食欲や性欲が失われたり,
疲労感や脱力感に見舞われます

また内臓の働きが悪くなったり
手や足の動きをうまくコントロールできなくなるなど
体全体に影響がでます。
簡単な計算や1人でも買い物もできないなど・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ 核戦争防止国際医師会議(IPPNW),
「一般公衆の医療行為以外での付加的な被ばくの許容線量は、
すべての放射性核種に対する外部被ばくと内部被ばくの両方を含めて、
合計年間1ミリシーベルトに戻されるべきです。」
「事故発生から一年が経過したあとは
50歳以下の大人に対して年間1ミリシーベルトを超える
被ばくを許容すべきではありません。」
http://ippnweupdate.files.wordpress.com/2011/08/ippnwtokan-japanese1.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・放射線にやられると,侵入,
増殖し始めた菌の数に対抗できるだけ白血球が集まってこない。
体内に摂取した核分裂生成物からの低線量長時間放射によって,
免疫担当細胞が障害され,免疫機能の低下による致命的な疾病を起こす
低線量内部被曝の被害をこの国は認めています。

2008年5月30日大阪高等裁判所は
入市被爆者(原爆投下後に入市した被爆者及び遠距離被爆者,
即ち低線量放射性物質を体内に取り込んだ為に原爆症になった人達)を
低線量内部被曝による被爆者であると認める判決を出した。

これに対して国・厚生労働省が
この証拠があるために最高裁への上告を断念し,判決は確定しました。

大阪地裁,大阪高裁ともに,
「低線量放射線による被曝の影響に関する指摘」を
2冊の科学文献に求めています。

『死にいたる虚構 国家による低線量放射線の隠蔽』と
『放射線の衝撃 低線量放射線の人間への影響
(被曝者医療の手引き)』という本です。
裁判所はこれらの文献を「事実」であるとして引用しました。

現在福島第一原発から高濃度放射性物質が
全国各地に拡散され続け被曝を無理やりさせられている私達。
と同時に,これまでにもご紹介させて頂いた,
様々なデーターや記事などからも明白なように,
放射性物質により汚染されたものは,
汚染地域に閉じ込めなければならないにもかかわらず,
放射性汚染物を汚染地域以外のところに
拡散し続け様々なものを汚染・被曝させ続けている現状。

『死にいたる虚構』-国家による低線量放射線の隠蔽ーについて
 大阪高等裁判所が判決文に採用(本資料15-16頁)した
『死にいたる虚構-国家による低線量放射線の隠蔽-』
(アメリカのジェイ・M・グールド氏と
ベンジャミン・A・ゴルドマン氏の共著)は,
多くの被爆者を診察した医師として,
原爆症認定集団訴訟の法廷で証言されている

肥田舜太郎医師と斎藤紀医師が翻訳されたものです。

肥田医師は「訳者のことば」で
「この本から体内に摂取した核分裂生成物からの
低線量長時間放射によって免疫担当細胞が障害され
免疫機能の低下による致命的な疾病を起こす事を
学ぶ事ができた」と述べています。

この本の第1章から第6章迄が結論部分で,
第7章から第10章迄が事例研究とされています
「核実験や原発からのフォールアウト(放射性降下物)による
低線量放射線によって,過剰死が起きている」ことを明らかにした。

 
低線量のフォールアウトによってもたらされている過剰死は,
主に乳幼児や免疫細胞を侵された人々や高齢者だったことを発見します。

その原因が解き明かされた結果,
1972年にカナダのペトカウ博士が実験によって明らかにした
“フリーラジカルによる免疫細胞の破壊”だったことを突き止めたのです。

大阪高裁は『死にいたる虚構』の第二章から,
フリーラジカルについて「低線量放射線による慢性的な被曝は,
ほんのわずかなフリーラジカルを作るだけであり,
これらのフリーラジカルは
血液細胞の細胞膜に非常に効率よく到達し透過する。
そして,非常に少量の放射線の吸収にも関わらず,
免疫系全体の統合性に障害を与えるが,
それとは対照的に,瞬間的で強い放射線被曝の場合は,
大量のフリーラジカルを生成し,
そのため互いにぶつかり合って,
無害な普通の酸素分子になってしまうため,
かえって細胞膜への障害は少ない」とまとめて
判決文に採用(本資料16頁)している。
このことが同書の
「付録(一)方法論の補遺」に述されているペトカウ理論です。

 
国は,残留放射線のフォールアウトを非常に過小評価していた。

ベータ線やアルファ線を放出する放射能が
食物や呼吸とともに体の中に取り込まれて細胞の中に留まると,
細胞が至近距離から継続して放射線に直撃されることになる。

放射能が体外に排出されずに細胞の中に留まっている限り,
機関銃で弾丸を浴びせられることと同じである。

国が「微量な内部被曝による人体への影響は無視できる」
と言っていることは,
「機関銃で弾丸を浴び続けても,ヒトは死なない」と
言っているのと同じであって,まったく非科学的である。

日本政府は,私達国民に対しては
外部被曝・内部被曝の影響を無視し被曝させ続けながら,
原発の被曝労働,及び視察に行った政府関係者たちに対しては,
メディアを通じて皆様もご存知の様に,
フード付きの防護服,フィルター付マスク,手袋,長靴などで全身を覆い,
その繋ぎ目はテープで止めるという厳重な準備をし,
毛穴から絶対に放射能が入らないように防護対策をしている。

これは皮膚からの内部被曝を防せぐ為だが,
これが何を意味するかと言うと
国が内部被曝の恐ろしさをよく知っているという事である。

斎藤紀医師は,「訳者のことば」で,
「逃げることのできないフォールアウト(放射性降下物)は,
風に運ばれ落下し,食物連鎖はそれを静かに濃縮します」と警告しています。

第三章には,レイチェル・カーソンが警告した
「沈黙の春」がカリフォルニアの森で起きた事例が報告されている。

原爆の死の灰が原爆投下から60年以上経った今でも,
細胞の中で放射線を出し続けている様子を
長崎大学の七條和子助教らの研究グループが
世界で初めて確認した」ことが報じられました。
半減期2.4万年のプルトニウムから出ており
死の灰による内部被曝の恐ろしさを
映像によって明らかにしたものである。

『死にいたる虚構』の第四章では,核実験だけではなく,
平和利用とされている原発事故のフォールアウトによっても,
「免疫系が破壊されると感染の危険が増し,
妊婦では胎児を異物として拒絶することになり,
結果として流産,未熟児,低体重児が増え,
乳幼児死亡率が劇的に増大する」と警告します。

放射線に安全なしきい値はなんてないのだ!!

チェルノブイリの惨事により免疫系が弱い乳幼児,
エイズ等の感染性疾患を持つ若者,
高齢者らが4万人も過剰死しました。

『死にいたる虚構』の著者,M・グールド氏は,
全米の原子炉から100マイル(約160㎞)以内の地域と,
原子炉のない地域とを比べて,
乳ガンの発生率に大きな違いがある事を発見した。

地震国である日本に現在54基もの原発がある。
この小さな日本は,面積的に比べても
広大な土地に103基保有しているアメリカに対して
約11倍もの原発を抱えた原発・超過密国家。

わが国は地震列島である。

新潟県中越沖地震に襲われた柏崎刈羽原発,
福島第一原発の現状のように
常に地震の脅威に晒されているのが実情だ。

先般ようやく浜岡原発を止めた国だが,
それまでは国は静岡県御前崎の直下で
近い将来にマグニチュード8クラスの
巨大な東海地震が発生する可能性があると認めながら
その真上に浜岡原発を認可していた。

また,巨大な活断層・中央構造線上・周辺には川内原発,伊方原発。
笹波沖断層帯に志賀原発。敷地内に浦底断層のある敦賀原発。
野坂断層に美浜原発。大飯断層に大飯原発。
白木~丹生断層にもんじゅなどあり
今や巨大地震がどこで発生してもおかしくなく,
福島第一原発の状態を
これらの原発で再現させてしまったら
日本は確実に終わってしまう。

現在の東電や経済産業省や自民党,
国会議員・官僚・関与している地方自治体・関与している住民,
原発に私利私欲・ドプドプの原発大好きな原発推進家等々がいるが,
もはや原発その物には国民の生命を危機に晒し続けているという事実があり,
「安心・安全」と嘘を声を大にし言い続けているその言動は,
もはや犯罪行為でしかないという事である。

『死にいたる虚構 国家による低線量放射線の隠蔽』の著者らは,
統計学を駆使し他の多くの専門家や後援者の協力,
莫大な財政援助を受けて,これまで公に議論されたことのない
「核実験や原発からのフォールアウト(放射性降下物)による
低線量放射線によって,過剰死が起きている」事を明らかにしました。

日本への原爆投下後からはじまった放射線についての多くの研究が
「高線量の放射線は人体に重大な影響を与えるが,
放射線量の少ないフォールアウトはほとんど害をもたらさない」としていました。

しかし,著者らは,
低線量のフォールアウトによってもたらされている過剰死は,
主に乳幼児や免疫細胞を侵された人々や高齢者だったことを発見します。

その原因が解き明かされた結果,
1972年にカナダのペトカウ博士が実験によって明らかにした
“フリーラジカルによる免疫細胞の破壊”だったことを突き止めたのです。

原爆被爆者の裁判とこの本を通して,
原爆の加害国アメリカと原爆の被害国日本が
「国益」のために「共謀」して,
世界に対して低線量放射線の影響について,
徹底的に否定し隠ぺいしてきたことが判ります。

この本は,核兵器であれ,原発であれ,
隠されていた「低線量放射線の危険性」について,
共通認識を持つために読んでいただきたい本です。

 
参考資料
『死にいたる虚構 国家による低線量放射線の隠蔽』と
『放射線の衝撃 低線量放射線の人間への影響
(被曝者医療の手引き)』の
連絡先(許可済み) PKO法「雑則」を広める会
0422-51-7602,047-395-9727

・ 人間と環境への低レベル放射能の脅威
http://t.co/CRvQyHb
放射性物質により
無理やり被曝させられ続けている現状だからこそ
読んで学んでおきたい一冊 「ペトカウ効果」について,
つぶさに紹介しています。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ ベラルーシで現実を見てきた現場の医療医師の考察 〔 必見 〕

判っている事は,確実に除染しなければ,
葉物野菜には危険な束があり,
鶏卵も餌を選んでいるところでなければ危険であり,
Cs(放射性セシウム)の移行係数とは違う汚染があるということです。

対策をした方とそうでない方の差がものすごく大きくなっています。

対策をしていない方々は,
かなり体が痛んでいることが多いという事です。

その状態で危険な食材を摂ってしまうと,
急に異変を起こす方が多くなるでしょうし,
空気中の微粒子も強い物が多いので,皮膚炎や粘膜炎,
二次感染が増えると思います。

皮膚症状は,二つに分かれています。
1つは,丸くエッジが明瞭な穴が開き,時に出血し,
あまり痛まないケースです。
2つ目は,エッジが不明瞭な発赤ができるケースで,
非常に痛いケースです。

1つめは,飛程が短いα線源なら起こる現象です。
痛まないのは,皮下奥までα線届かない事と,
α線の届く範囲の細胞を全部殺してしまうからでしょう。

2つ目は,強いβ線の場合,1粒子の大きさが大きい場合,
皮下深くまで届き神経を傷つけますので痛みますし,
発赤の範囲も広くなります。
同時に存在する微粒子を呼吸で吸収する事が多く,
微量で関節痛,頭痛を起こします。
2つ目でさらに大きな粒子の場合,手や指が丸ごと腫れ,
回復が遅くしばらく腫れて激しく痛みます。  
鼻血は,1つ目でも2つ目でも起こりえます。

今回1つ目は,私の場合,
3/11-3/28に関西で降下した埃で鼻血,
南相馬市に無防備で行った医師が,
除染せずに他の医師を被曝させ,
その被害にあった医師のかばんの除染で,腕に穴が開きました。

その南相馬市に行った医師が手術した患者は,縫合不全で,
抜糸に2週間もかかっています。

1F(福島第一原発)に近いところでは,
α線源がかなり多いという事,
鼻血や穴は初期に多かったので,短寿命のα線核種,
たとえばAm(アメリシウム)等ではなかったかと推測されます。

現在起きている鼻血は,β線源の付着だと考えられますが
  (止まりにくいので傷が深い=β線が深くまで届く),
内部被曝が進行して粘膜に炎症を起こしやすくなっているからだ
と考えられます。

つまり,最近の鼻血は,内部被曝の指標の一つと考えられます。

粒子が小さく数が多くて広い範囲に付着した場合,
肌荒れ状の現象を起こします。

呼吸器に入れば,気道粘膜に炎症を起こし,咳,鼻水などが出ます。
目なら痛みと結膜炎です。
これも,チェルノブイリの被害者から聞きました。

さらに,呼吸器の二次疾患である風邪等の流行の話もききました。

ミュンヘンでは,アトピーなどアレルギーが酷くなりました。
一方,ウクライナ等さらに激しい汚染地帯では,
自己免疫疾患が一時的に良くなった,
つまり白血球の仲間や抗体産生細胞が減る事で,
花粉症のような疾病が軽癒したという報告もありました。
同時に,各所のリンパ節が腫れたという報告もあり,
気道の白血球が微粒子を取り込み,リンパ液に戻り,
リンパ節でトラップされて死に,
リンパ節に放射性微粒子が残ったためだと考えられます。
その割には,リンパ腫が発生した比率は低かったです。
が,1F(福島第一原発)では判りません。

花粉症が治ったというケースでは
粒子の体内取り込み量が多いと考えられます。

内部被曝が進んでいる場合,
皮膚への広範囲の微粒子の付着は,
種々の形状の炎症の混在した皮膚炎を起こします。

小さな水泡だったり,蚊に食われた跡を小さくしたようなものが,
広範囲に出来ます。

これはちょっとした炎症で,起炎物質が放出されやすくなっており,
さらに細胞もアポトーシスしやすくなっているからだと思います。
かなり危険な兆候です。

チェルノブイリの場合,吸飲により,
激しい頭痛,眩暈,間接痛,難聴,結膜・網膜異常,
痙攣等が一気に起き,皮膚の症状云々と言ってられなかったようです。

こういった症状が激しかった人は,直ぐに楽天的になったようです。
これは,脳の症状です。

初期症状がなく,内部被曝だけだった人の場合,
食べて2ヶ月ほどたってから脳症状が現れているように思います。

ところが福島第一では,もっとはるかに早いのです。
明らかに核種が違います。

チェルノブイリの場合,
これほど早く血管内膜炎様症状を起こしていません。

S35(イオウ35)なら,甲状腺に取り込まれて不思議はありません。

Te(テルル)は現在,枯葉の破片に濃縮され,
皮膚に小さな引っかき傷のような傷をつけたり,
体がチクチクするという現象を起こしているように思えます。

常識的に考えてありえないような WBC のカウント(白血球数) の人は
体内に大量に微粒子を取り込んでいるのでしょう。

全部がイオンで均等分散していれば体が持たないか
体のステージが別の状態へ移行します。
つまり細胞分裂 がほとんど無い状態です。

常識的に考えてありえないようなWBCのカウント(白血球数) の人の
過去 との違いは明らかに進行が早い事,
より多様な症状を起こしている事,中枢症状が激しい事,
子宮・卵巣の異常が多発している事です。

3.11 -3.24での居た場所,食生活,普段の生活,
初期症状等が判るとかなり正確に状態がわかる事がある。

まだ軽症でウラン腎炎と思われる方が
1F(1F=福島第一原発の略称)より北で多くみられ最も北は札幌でした。

その他皮膚の脱落,眼球突出, 意識喪失,血管閉塞,皮膚の異常増殖,
皮下出血 (紫斑)等は福島県 とホットスポットで起きています。

さらに嘔吐・下痢 は,β線 核種の微粒子の摂食による ものだ
と思われますが内部被曝 が進んでいる現在,
より簡単に起こしやすくなっています(特に下痢 )。

これは腸内細菌が吸収したβ線源により
腸内細菌がβ線を腸に浴びせ続けて腸管粘膜が損壊しているから。

過去のデータに書いてなくても被害者から聞いた話に合致するものは多く,
急に食欲が増した等は聞いています。

日本でも,福島県にで行った県職員の食欲が増して太ったという話を,
何箇所かで聞いています。

飲食物の基準値が甘い為,
さらにチェルノブイリ の時よりβ線,α線核種の比率が高い。

今後の健康被害は,はるかに大きいと予測できます。
同時に中枢への影響が大きいので危機感が減少し,
櫛歯状に人が減っても気にしない,という状態
(現在 のキエフ )のようになると考えられます。

飲食物の基準値が甘くチェルノブイリ の時より
β線,α線核種の比率が高いので今後の健康被害ははるかに大きく,
中枢への影響が大きいので危機感が減少し,
櫛歯状に人が減っても気にしない,という状態のようになると考えられます。

酒が強くなったと感じたら中枢障害です。

今後,食物での防衛をしなければ,
皮質全体と,脳幹 の抑制が進みますので,
突然死が増えると思います。

高度汚染 エリア では,甲状腺機能低下が始まっており(含む 東京 ),
脳の抑制で,強い欝からブラブラ 病への移行期も起き始めています。

核種が多いので,
選択的にどこの組織がどのように損壊するかは,
予測が困難です。 

高度汚染エリアで子供の顔の皮膚が厚く感じるようになったら
危険の兆候です。  

この状態で
(今も尚福島第一原発により高濃度放射性物質が拡散され
多くの人々が被曝している現状),
瓦礫を燃せば,目から始まって,被害が増大するだけでなく,
働けなくなる人の比率が大きく上がると思います。

特に,給食で高濃度の放射性物質を摂取している
子供への被害が大きくなるでしょう。

悪化するのは知能だけではありません。
二次感染を始めあらゆる事がおきます。

以下,現在の東京です。

血小板が少なくなっている事例は,あざが増えた事から判ります。
白血球が増えているのは,抗体産生が悪くなると同時に
微小な粒子を白血球がファゴサイトーシス後,死んでいる事を意味し,
結果,白血球の死骸でリンパ節が腫れる方が増えています。

これは(白血球が増えているのは),
抗生剤が効かない感染症が増えている事でもわかりますし,
粘膜の難治性炎症が激増している事でもわかります。

糖尿病で計測するある数値から
赤血球の寿命が短くなっている事が推定されます。

細胞核の無い赤血球も,
被曝で膜結合タンパクが変化してしまうわけです。

自覚がなくても,確実に,被曝の影響はでています。

恐ろしい事ですが,脳の異常は,その脳が気付けないのです。

 
さらに言えば,コッホや北里柴三郎の時代に,先行や疫学調査がなく,
そこに患者 が居て,原因を追究しながら治療を研究しました。
論文があるのかという医師は,医師とは何か,
知らないという事を自分で述べている事になります。

血管内膜炎に関しては,
心筋梗塞だけがクローズアップされていますが,
現実起こる事は,毛細血管の血流抵抗の増加と
血流量の減少が多くを占めます。 

チェルノブイリ事故後,
放射性物質入りの食材の摂取が始まって,
四肢切断が増えました。 

中枢障害は,医師にも出ましたので,
原因は書かれず,症状だけがありました。
最初は理由がわかりませんでしたが,
皆さんが個人的にメッセージ を送ってきて下さったので,
理由がわかりました。

次に来る免疫系の崩壊 の前に,
血管の障害が多くなっていたわけです。

血圧が上昇し,または,手足(顔)がむくみ,という症状があり,
軟便もしくは下痢があれば,血中のβ線核種の量が多いと推定できます。

α線では,血管内壁の破壊 は少々考えにくい(むしろ免疫系)。

血圧が上昇し,または,手足(顔)がむくみ,という症状があり,
軟便もしくは下痢があるような場合,
内部被曝で血管に内幕炎を含めて異状が起きていると考えられ,
火急的速やかに,血中の放射性物質濃度を下げる必要があります。
続くと,腎障害,肺,網膜はく離・ 出血 を起こす可能性があります。
当然,甲状腺機能低下症をおこすようになります。

上述のように,個人状態を把握しないと,
一般論では,極めて危険な事態になりかねません,
出血傾向を増しかねません。

繰り返しますが,放射線障害は,癌だけではありません。

むしろ,癌は最も少ない障害です。

この症状との闘いは,10歳以下は,
高ミネラルにできないので難しくなります。

給食 は極めてなギャンブルなのです。

火消しがβ線を無視するように誘導するのは理由があります。
γ線源ですと,体内では,原子核の周辺のみを電離するのではなく,
離れたところまで,点,点と,少しづつ電離します。
ですから,ある原子核 から遠くと近くとで大きな差が生じにくいので,
特定の臓器に症状が明確におきない,ということになります。

(火消しがβ線を無視するように誘導する理由) 一方,
β線は,体内では,原子核から数mm以内で,
電離してエネルギー を失います。
当然,特定の臓器に集まれば,その臓器を選択的に破壊 します。
特定の臓器障害が多ければ,放射線障害を疑う事になります。
ですから,β線源の存在 を,
火消しを使って打ち消そうとやっきになっているわけです。

【どの放射性物質がどの放射線を出すのか?】

名称           記号   半減期 放射線の種類
・炭素-11        11C     20分    ガンマ線
・酸素-15        15O      2分    ガンマ線
・リン-32         32P     14日    ベータ線
・カリウム-40      40K    13億年    ベータ線,ガンマ線
・鉄-59          59Fe    45日     ベータ線,ガンマ線
・コバルト-60       60Co    5.3年    ベータ線,ガンマ線
・ストロンチウム-90   90Sr     29年   ベータ線
・ヨウ素-131       131I      8日    ベータ線,ガンマ線
・セシウム-137     137Cs    30年    ベータ線、ガンマ線
・ラジウム-226      226Ra   1600年    アルファ線
・ウラン-235       235U    7億年    アルファ線,ガンマ線
・ウラン-238       238U    45億年    アルファ線
・プルトニウム-239    239PU   2万4千年    アルファ線

放射線透過力
http://blog-imgs-38.fc2.com/m/i/m/mimichanlife/2011102003161671a.gif

GM 管式の線量計は,β線 を測れます。
Inspector EXPのようにガラス管マイカ 幕式のGM 管なら,
低いエネルギーのβ線も測れます。
Inspector EXP( Inspector+ )で測ってみると,
β線 とγ線 を測ると,
γ線だけの時の約4倍の放射線数になります。

   Inspector+   http://a.r10.to/hZEsmF
   Inspector EXP+   http://a.r10.to/hZYVgO

ご存知の様に,β線は,γ線よりはるかに組織破壊性が高く,
臓器を選択的に破壊します。

被曝障害を否定する為にβ線を測るな,と誘導しようとしているわけです。

危険なβ線を測れないという意味で,
シンチレータ式の線量計は,無意味です。

行政はもちろん,ほとんどがシンチレータ式です。

測らなければいけないのは,β線なのです。

粘膜炎を起こし,皮膚に赤い発赤と
強い痛みを生じる粒子は,β線源です。

内部被曝で,特定の臓器を破壊するのもβ線源です。
1F(福島第一原発)は,チェルノブイリ と異なり,
β線源が極めて多いので
危険度は,チェルノブイリの比ではありません。

チェルノブイリの被害者を診察し聞きいた話より,
症状の進行がずっと早く,組織破壊性が明瞭です。

一つの証拠は,15%以上増えたと考えられる膀胱炎です。

尿に溜まったβ線源からのβ線 が,
薄い細胞組織の膀胱に炎症を起こさせるのです。

その直ぐ近くには,子宮と卵巣があります。
当然薄い細胞層ですから,網膜の異常も増えています。

中枢の異状も,脳で血管の多いところが
集中的に機能障害を起こしている
と考えると,非常に良く合います。

ただし,関東は,空間線量が低くても,
重篤な障害が増加しています。
1つは,3.14-3.24迄に多大な被曝を蒙った事で
炎症を起こしやすくなっている事。
1つは,浮遊している粒子が,β線に加え
α線を出している可能性が高い事で,
これらの核種が食品に含まれ,内部被曝を起こし,
または付着して激烈な反応を起こしています。

つまり,危険性は,関東 の方が高いのです。

核種の分析に,シンチレーションアナ ライザを使えと,
いう人が居たら危険です。

β線核種とα線核種を見落とす事になるのです。

全核種がわからないと,危険性の 予測ができない状態です。

 
Cs(放射性セシウム)の量だけで安全等と考えないでください。

私もhot particleの被害を受けました。大変痛いですし,発赤します。
今回は穴は開きませんでしたが,肘で関節内まで痛みました。
この症状からすると,β線 です。
穴が開き,神経に沿って痛んだ場合,
α線 を出す核種が多かった事を示していると考えられます。
α線は無理でも,β線が測れ,hot particleからと危険です。

  ・このInspector+は,アルファ線(α),ベーター線(β),
  ガンマ線(γ)が測定できるという高感度測定用機種。 
  詳細は  → Inspector+ http://a.r10.to/hZEsmF
  ・ハロゲンガス封入式GM計数管雲母窓密度,
  測定線種 アルファ線α線,ベータ線β線,
  ガンマ線γ線,エックス線X線    
  詳細は → Inspector EXP+ http://a.r10.to/hZYVgO

時間が経ち,関西でも,枯葉の破片等に濃縮され,
0.3や0.4μSv /Hrの粒子がザラになりました。

β線が主の粒子でも,長時間の接触で,出血 します。

コーヒーや茶のカップを蓋なしで長時間置いたりしないでください。
食器も使う前に水で洗ってください。

大阪・京都は,給食で,「食べて応援」をしている区域があります。
給食は,極力避けてください。給食の影響は無視できません。

1F(福島第一原発)から出続けている放射性物質の粒子で,
症状から,西日本にも新たな高線量地域が
できつつあるあるようにも思えます。

葉物野菜は,良く洗い除染を確実に行うか,食べないでください。

卵と鶏肉にも高線量のものが多くあります。
特に鶏卵は危険性が高いものが多く,
食べないほうが良いと思います。
スライスした魚や肉に,
放射性物質の粒子が付着していることがあります。

こういった食材もよく洗ってください。

・ 西日本土壌調査結果 第1弾
http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/10/5f4d34501fca5c65977edba203ebaecb.pdf
・ 首都圏土壌調査の結果(2011年8月8日)
http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf
・ 原発事故で全国各地に降ったセシウムの量
出典:東京新聞系列の朝刊     2011-10-3
http://blog-imgs-38.fc2.com/m/i/m/mimichanlife/20111020031415687.jpg
・放射性物質降下量 積算量 2011/3/18-5/7
https://spreadsheets.google.com/pub?hl=en&hl=en&key=0AjgQ0pwrXV8YdGJORHAzdi1qMlFldUMwRkl4V3VfN0E&output=html
名前の無い県は計測していない県。



  以下追記文 (2011/10/28以降位)




・ 群馬大学の早川教授がまとめてくれた焼却灰のセシウムマップ
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=210951801243060233597.0004b11da4f6fe01476c4&msa=0&ll=37.282795,140.075684&spn=10.080829,14.128418


・ 16都県の一般廃棄物焼却施設における
焼却灰の放射性セシウム濃度測定結果,環境省。
2011年8月24日迄。20110829  
ttp://www.env.go.jp/jishin/attach/waste-radioCs-16pref-result20110829.pdf  
これが現実だ。 
放射性物質による汚染地域の汚染物は汚染地域に閉じ込めろ。
放射性物質拡散行為は犯罪。



・ 最新情報

東京都在住医師が都内在住者の爪を
ドイツの検査機関に依頼分析したところ
患者の爪からウランが検出。
ここ1ヶ月でウランの体内値が高い人が続出している。

福島在住者からは特に放射性セシウム,ストロンチウム,
ウラン,水銀等で更に高い数値が出て
検査用紙のグラフを振り切った例あり。
http://merx.me/archives/13378
 




※  既にご存知の事かとは思いますが,
   放射性物質・汚染瓦礫・汚染物を受け入れた地域を始め
   下水処理施設職員の方でも
   「千葉県の汚泥処理施設で作業員が2人も突然死した」
   事実もあります。 
   上記でも説明させて頂きましたが,突然死するのは当然の事。

   http://www.ustream.tv/recorded/18078637   2:39:30あたりから。


※  これは私が耳にした事柄のごく一部の例です。 ↓

   10月26日に私の友達である大阪のレスキュー隊員が亡くなった。
   彼は福島や岩手に災害派遣されていた。
   7月に内部被爆していることが判明,
   それでも派遣の出動命令は止むことがなかった。
   その後,派遣チームのメンバーの体調が悪くなりみんな辞職した。
   上の方から非国民扱いを受ける。
   友達はその後何度も吐血して,10月26日に腎不全で死亡した。
   http://www.ustream.tv/recorded/18345887
   上記の発言は00:50:00辺りです。

 
   放射性物質により汚染された汚染地域には
   絶対に入市してはならないのである。


  以下はチェルノブイリ原発事故により被害にあっている人々の現実です。
  今日本政府が法を犯し続け放射性物質に汚染されている瓦礫や
  ありとあらゆる汚染物=核廃棄物を(食べ物の姿をしているものを含む)
  日本全域に拡散しようとしている愚行は,日本の法律・憲法上でも
  国際的にも断じて許されぬ行為です。



  放射性汚染瓦礫・汚染物を拡散してしまったら・・・
  
  是非ご覧下さい。  (衝撃が強いので注意)

     http://youtu.be/_LA_PnAQONo
     http://youtu.be/VCYnzEZZKE8

     (実話映像:チェルノブイリハートも是非職員一同で見て下さい)
  



   絶対に放射性物質により汚染された汚染地域のありとあらゆるものは
   県内に入れないで下さい!




お返事お待ち申し上げます。






関連記事
スポンサーサイト




コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。